給付金を受け取る条件

給付金給付金を受け取るための条件は細かく決められており、ただB型肝炎ウイルスに感染している人ならば誰でも給付金を受け取る事ができるという訳ではありません。では、給付金を受け取るための条件にはどういったものがあるのでしょうか。これを知っておくと、B型肝炎特別措置法の給付金を受け取れるかどうかを判断しやすくなり、自分がその給付金を受け取れるかどうかを確かめる事も可能になります。

受給者の条件としてまず最初に挙げられるのが、持続感染をしている方です。持続観戦とは生涯にわたって感染が持続する状態であり、一過性感染の場合は受給者としては認められません。そして満7歳になるまでに集団予防接種を受けた方というのも条件になっていて、指定された年齢よりも後に集団予防接種を受けた方などは対象として認められないので注意が必要となります。また集団予防接種以外に感染原因が無い方という点も条件に含まれており、母子感染や輸血など他の感染原因がある場合は対象とならない場合もあるので注意しておきましょう。

そして最後の条件は非常に細かくなっており、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に、集団予防接種を受けた方というものです。これは明確に期間が提示されていますので、この期間内に集団予防接種を受けたかどうかはとても重要です。確認できるのであれば事前に確認をしておき、きちんと指定された期間であったかどうかを確かめておきましょう。

 

弁護士の選び方は?

B型肝炎特別措置法による給付金を請求する際には、弁護士の協力が必要になってきます。というのも請求をする際には一度提訴を行い和解が成立する事で、初めて給付金を請求する事が可能になるからです。そのため提訴をするための必要書類の用意や提訴・和解など専門的な知識が必要となる場面が多く、弁護士の協力がないとスムーズな請求ができないだけでなく、そもそも請求までの手続きができなくなってしまう可能性も考えられます。ですから弁護士に相談する事で必要書類や提訴についてのサポートを受ける事が重要となるため、弁護士選びはきちんとしなくてはいけません。

弁護士選び弁護士選びをする時のポイントとしては、やはり実績に注目しておくと良いでしょう。実績がある弁護士ならばスムーズに手続きなどをサポートしてくれますし、サポートそのものに対しても信頼する事ができるので信頼できる弁護士かどうかを判断するための基準になってくれます。ですから実績に注目して選ぶようにすると、信頼して仕事を任せられる弁護士を見つけやすくなるのでまずはここに注目してみましょう。例をあげると、B型肝炎給付金相談を行う“アディーレ”では、給付金請求をサポートしています。専門で親身に相談ができる弁護士を探しましょう

また、もうひとつ注目したいポイントとしてどこに事務所があるのかも重要になります。やはり何度も連絡を取る必要がありますから、なるべく訪れやすい場所に事務所がある弁護士の方が重宝しますし、出張費用など余計な出費がかかる心配もないので安心です。